対物補償 任意 保険

MENU

<<トップページ

 

対物補償

 

対物 任意保険 探し方

 

対物補償は、事故相手の車やぶつけた時の壁の補修などの費用を補償するものです。
事故の相手に支払うものなので無制限にしておくと安心ですね。

 

自賠責保険では、物損事故の場合などの補償は全くありません。
車をガードレールや電柱、信号機などにぶつけて破損させた場合の自損事故にも備えることができます。

 

ガードレールを破損すると、修理費は2メートルで3〜4万円と言われており、破損した長さによってはかなり高額になることもあります。

 

電柱を破損すると3万円以上工事費用が30万円、電線が切断されて停電が発生すると数百万の損害賠償が来ることも。
恐ろしいですね。

 

信号機を破損させた場合は120万円以上、信号機を倒壊させると、400万円以上かかるとも言われます。
信号機の制御盤だけでも100万円以上かかります。

 

道路標識は大きさにもよりますが、小さいもので10万円〜、大きいもので100万円かかります。
電光掲示板の場合は、基盤が高額で1000万円以上になります。

 

対物補償は事故の相手のためのものと思いますが、本当は自分のためでもあります。
必ず無制限で入りましょう!